心療内科で心をケアする

心の病気から解き放たれる|うつ病は早めの克服が大事

意識の変化で回復傾向に

悩む人

うつ病の症状を抑えていくには、病院での治療が不可欠です。しかし、それ以外にも自分で行える克服法があり、それによって症状の回復も期待されます。否定的な考えを受け入れず、自分に自信が持てることで前向きな考えや行動が身につくようになります。

もっと読む

ストレスがもたらす病

診察

病気に打ち勝つためには

うつ病という病気は、一度発症してしまうと治療が困難な上、悪化すると心をむしばみ命を落としてしまう人もいる深刻な病です。そのため克服するのは難しいですが、決して治らない病というものではありません。発症に気づいたときにはすぐに病院へ行き、速やかに治療を行うことが重要となります。うつ病は、様々なことが原因で発症します。特に多いのが、周りの環境の変化によるストレスです。引越し先での近所付き合いや、進学先での勉強や将来の問題、転勤先での仕事のトラブル、転校した学校でのいじめや恋愛問題、など、多くのストレスやトラブルが重なることで、心が病んで行ってしまい、うつ病が発症してしまいます。うつ病の症状としては、絶望感、疲労感、常に悲しさやむなしさを感じるなどの精神的なものから、頭痛、吐き気、嘔吐、睡眠障害や摂食障害など肉体的なものまであり、症状の重さも状態も人によって様々です。場合によっては、家にいるときには症状がまったく出ないが、会社や学校にいると症状が出てしまうというパターンもあります。ストレス社会と言われていることもあり、現在サラリーマンや主婦、学生などの若い人でも、うつ病に悩む人は増えてきていると言われています。うつ病は、自分の心との闘いです。少しでも自分の心や体に変化を感じ症状に気づいた場合には、すぐに治療を始める必要があります。放置してしまうと、どんどん症状が悪化してしまうのも、うつ病の特徴の一つです。早目に病気を克服し、健康的な生活を取り戻す必要があります。

病院での治療

うつ病の克服のための治療は、多くの場合カウンセリングから始まります。カウンセラーと呼ばれる専門の医師と面談し、元となるストレスを突き止めるということから始まります。患者によっては、原因となっているストレスがわからないまま発症してしまうということがあるからです。原因を明確にすることで、問題の解決策や、治療の方向性が定まっていきます。また、カウンセリングを行う過程において、症状が和らぎうつ病が治った、ということもあります。このことからも、人に話を聞いてもらう、ということはとても大切なことであるということが分かります。うつ病患者の多くは、抱えるや悩みやストレスを一人で抱え込んで処理しようとしてしまいがちなため、発症してしまうことが多くあるのです。そのため責任感が強く、真面目で周りに迷惑をかけたくない、という思いが強い人ほど、うつ病になりやすいと言われています。身近な人に悩みを相談出来ないのであれば、匿名の電話相談や、カウンセリングを受けるということも、うつ病を予防する方法の一つと言えます。また、主な治療では抗うつ剤が処方されます。飲むことで精神状態を安定させる薬ですが、抗うつ剤を服用する際は、必ず使用法を守るようにしましょう。飲みすぎると体に悪影響を与えてしまうことがあるため、必ず医師の説明を良く聞くということが大切です。このように、治療の軸はカウンセリングと投薬などにもよりますが、症状や状況によっては、他の方法がとられることもあります。人によって、様々な治療法、克服の方法が存在するのです。自分に合った治療法を見つけるためにも、病院へきちんと通うことは重要なのです。

自分に合ったスタイルで

医師

うつ病の克服のためには、自分に合った精神科や心療内科を選ぶ必要があります。いい病院がみつかったら、処方された薬を正しく服用し、早寝早起きといった生活習慣を整えることと適度な運動で、確実にうつ病は改善していきます。

もっと読む

再発の可能性

病院

ストレスに耐えている人が大勢存在している現代社会では、うつ病が深刻な問題になっています。そのような精神的な病を克服するためには、周りのサポートが重要になってくるのです。

もっと読む