意識の変化で回復傾向に|心の病気から解き放たれる|うつ病は早めの克服が大事
看護師

心の病気から解き放たれる|うつ病は早めの克服が大事

意識の変化で回復傾向に

悩む人

自分なりの努力

うつ病は、蓄積されたストレスが原因となる可能性が大きいです。症状は徐々にあらわれるようになりますが、それに気づかない人はたくさんいます。症状がひどくなってから病院で診てもらう場合が多くあり、専門の治療を続けていかなければいけません。しかし、全て病院の治療に頼っていては、回復に時間がかかってしまう可能性もあります。自分なりにある程度の努力も必要となり、少しでも気が楽になれるように何かを変えていく必要が求められます。自分でできるうつ病の克服法としては、無理をしないように毎日を過ごすようにすることです。無理をして頑張り過ぎる、我慢をしてしまうような場合はかえって症状を悪化させてしまう原因となります。治療中もしくは疑いのあるときは、できるだけそれらを避けてマイペースに歩んでいくのが理想です。そして、うつ病に対して否定的な意見を押し付けられたときは、上手く聞き流していくようにしましょう。否定的な意見には、本人が心が弱いために病気になってしまうというものが多いです。他にも、治療をしても意味がないといった内容もあります。心が弱いから病気になるという考えは正しくありません。そういう間違った思い込みが気づかぬうち本人を追い詰めてしまうことになるので、上手く避けなければいけません。ストレスを感じてしまう人が周囲にいれば、ストレスのない環境を求めていくことも克服の1つです。それ以外にも、自分の価値を認めてあげる意識も大事です。何気ない行いや長所を見つけて、いい方向へ受け止めるようにすればやがて自分を否定する考えもなくなります。そして、体をなるべく動かすようにし、外に出て散歩などをしてみるのも有効的な克服法です。体を動かすことはストレス解消にもつながり、外の景色を見ながら行えば気分転換にもなります。家にばかりいるような状態であれば、まずは外に出て体を動かしていく克服法が意識を変えてくれます。

カウンセリングの効果

うつ病は、専門の治療でも克服につながるようなことが行われています。基本的に投薬にて状態を落ち着かせていきますが、それ以外にもカウンセリングを受けていくこともできます。このカウンセリングはカウンセラーが行い、心のケアをメインに患者本人の意識を変えていく治療となります。心理的な面から行う治療や、行動面や集団になって行うカウンセリングもあります。カウンセリングの基本は、患者本人を追い詰めない形で行うところです。意識の変化を引き出すのが目的となるので、素直な感情で前向きな方向へ導くのがカウンセリングの働きです。そこからだんだんと自分に自信が持てるようになり、それまでの考えに変化が生じてくるようになります。人は考え方次第で物事への捉え方が180度変わってしまうため、このようなカウンセリングが大きな効果があります。行動面から導くカウンセリングでは、会社や学校での生活、そして家での生活も合わせて克服になるアドバイスがされます。良好な人間関係や規則正しい生活習慣などがうつ病の回復に役立ってくるため、それが実践できるように習慣にさせていく方法です。これも専門のカウンセラーが1つ1つアドバイスを行ってくれるので、どうすればいいのか悩む必要もありません。その行動で何かを達成できたときは、そこからまた大きな自信を実感できるようになれます。指導によっては集団の体制で行われるところもあり、これであればコミュニケーション能力の向上が期待できます。大勢の前で意見を言える自信がつき、新たな出会いがうつ病の克服に役立つ場合も考えられます。以上のような方法で自然と症状が克服できるようになり、うつ病に悩まされなくなる日も遠くはありません。気持ちを前向きにさせてくれるきっかけが克服となるので、それに役立つ方法を見つけていくようにしましょう。